2018年2月2日


ひたすら旋盤です。

所有している旋盤は連続15分までしか使えないので、15分使ったら15分休ませて、といった感じで作業するしかありません。

そして大量に製作して初めて見えてくる問題点もあり、せっかく作ったスツール3脚分を失ったりしました。

最初から作り直しているループバックチェアは、背もたれを曲げ木したところです。

一方、ハクモクレンは樺と比較するとずっと柔らかいので、脚ではなく座面に使ってみます。

普通の小物に使うには小さすぎる材ですが、ミニチュアなら十分な大きさです。こうした端材のような木材を無駄にしなくていいのが、ミニチュア家具のいいところだなといつも感じます。

まだ未定ですが、ハクモクレンの座面に山桜の脚を付けて、これまでに何度も出品しているスツールを作る予定があります。

もし作るとしたら、型が定まるまで3つぐらいは1脚2500円で販売するかもしれません。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です