2017年9月21日(木) 2


久しぶりに更新となりました。

一人がけソファの仮組みまで辿り着きました。

この後にスピンドルを入れます。

今回は二人がけソファも製作しているのでそちらのスピンドルの量が1脚につき10本ぐらいあります。この仕込みがちょっときついなぁ。5脚あるので50本も仕込みます。止めておけば良かったかなぁなどと今さらながら少し後悔。でも仕上がりは悪くないんじゃないかと。

10月9日のドールショウ向けに作っているわけですが何とか間に合うかな、という感じですね。

 

さて、今後の予定ですが、ドールショウ終了後に片付けなどがあって5日間ぐらい(長ければ一週間ほど)ミニチュア作りはお休みです。それから1/12のドールハウスに入ります。これがすごく楽しみです。

一方、1/6のミニチュアに関してはもしかしたらあと1年間ぐらい製作しないかもしれません。というのが、来年の6月に開催される「2018東京ドールハウスミニチュアショウ」に参加申し込みをしまして、もし幸運にも参加可となればこちらに出品するミニチュア家具の製作が忙しくなりそうです。

可能性はとても低いですが一応お知らせしました。



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “2017年9月21日(木)

  • ぽん

    ご無沙汰しております、ドールショウに行かれる方が羨ましい~。
    曲線が綺麗な椅子ですね。
    (老婆心ですが、是非とも価値と手間に見合った価格を付けられますように。)

    使用後の感想が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
    何回か遊ばせて頂きましたが、床がツルツル♪で触っていて気持ちよかったです。
    レポートですので箇条書きの方が分かりやすいかな、と思い以下箇条書きで、

    ・「リアル」を目指して作られているので1/6ドールを配置しても違和感がない、スゴイ!
    ・重量があるのかと思っていましたが軽くて扱い易かったです。
    ・実際手にすると思っていたより大きかったので、一般家庭での収納を考えると分割出来ると嬉しい。
    ・窓は取り付けの高さが丁度良く、以前落札の机を配置すると「日差しが差し込む窓のある勉強部屋」みたいで雰囲気出ました。
    ・外の壁紙も綺麗に貼られているので窓は開閉可にして「外から中を覗く」構図も期待
    ・反面、どちらの面にも窓があるので高さのある家具は配置できないのが残念(>_<)
    ・「部屋の一角」と言う想定で窓なしバージョンもありか?
    ・壁紙に色があると部屋のイメージが固定されてしまう
    ・家具や小物を配置して楽しむので、壁紙は無彩色(白)や生成りがベターだと思いました。
    ・どこにも型t期が無いので家具や小物の配置がピタリピタリと決まって不器用な人(私です)も遊んでいて楽しいです
    ・毎回思いますが、手間と経費を考えると安すぎる

    ドールショウでは是非是非適正価格で出品されますように。
    皆さん、毎回人形込みでディスプレイをされるので、くたびれたmomokoさんで申し訳ないですが
    展示の一脚に座らせておくと、来場者がパッと見てサイズが分かりやすいと思います。
    小さい人形用に1/12サイズも需要があるので、「展示のみ」の作品もディスプレイされると
    興味を持たれる方もいらっしゃると思います。
    既にお考えかとも思いましたが老婆心より差し出がましく申し上げます。

    制作に追い込みの時期と思われますが、無理はなされませんように。

    • libraro Post author

      返信がこんなに遅れてしまって大変申し訳ありません!

      詳細なご感想をありがとうございます。
      とても嬉しいです!!
      「ご感想」というよりレポートのようで大変参考になりました。
      貴重なフィードバックをありがとうございました。

      ドールショウについてのアドバイスも助かります。
      頂いたmomokoさんを連れて行こうと思います。
      1/12サイズも需要があるんですね?手元に少しあるので持って行きます。

      価格についてはいつも悩みます。
      今回はお客さんが入場料を払って来て下さるので
      いつも以上に下げたいなぁなどと思いつつ…(笑)。
      難しいところです。

      ドールショウの様子は、会場内の写真撮影が禁止らしいのでおそらく
      文章のみなってしまいますが、またブログにアップしたいと思います。

      寒暖の差が激しい時節柄、風邪など召しませぬようご自愛ください。