2017年6月2日(金)


午前1時半頃に激しい雨の音で目が覚めました。

何の音かと外を見ると数メートル先が見えないほど雨で視界が遮られていました。

あんな強雨は記憶にありません。

気温が昨日よりだいぶ下がったので過ごしやすかったのはありがたいです。

 

さて、昨日も紹介したトリマテーブルで作業中に失敗しました。

左側にあるクランプで固定してある定規と真ん中に見える僅かに飛び出したビット(定規のすぐ近く)の間に材を通します。

2ミリ厚の部材の端を0.5ミリだけ削るだけなので抵抗がほとんどありません。急いでいることもあり治具なしで加工していました。

左手で部材の前を、右手で後を押していきます。

その時一枚だけ薄い板があって、ビットを通り越していた左手がバン、と後に飛ばされました。キックバックです。

あっと言う間の出来事でした。

あまりにベタな表現なので避けたいところですがやはりこれがぴったりですね。

気がついた時には左手の人差し指がビットの先端に衝突。

当りどころが良くて爪の表面を0.5ミリぐらい削られただけでした。

しかし後少しずれていたら白くなった爪先全部がなくなっていたんだと思います。

今回テーブル上に出ていたビットの長さは2ミリ。大抵は10ミリとか出ているものなので指先を失くしてしまう人がいるのがよく分かります。

再発防止のためすぐに治具を製作しました。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です