2017年5月11日(木)


トリマテーブルは何とか動いてくれてます。

ついでなのでフェンスを自作して簡易の手押しカンナにしてみました。

通常の手押しカンナは長さが30センチ未満の部材は危険なので使えませんが、このトリマテーブルにフェンスを付けた物なら今回のように10センチぐらいでもキックバックのようなことはほとんどありません。

これで直角も素早く出せるようになりました。

何より手が楽です。

あとはこの治具でスピードが加速されることを祈るばかりです。

窓の外枠の接着を並行してやっています。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です