2016年12月27日


机と椅子のセットがあと少しのところで完成しませんでした。

最後の引き出しで苦戦しました。

引き出しは継手をしなくても十分な接着力があるのですが敢えて挑戦。

そして失敗の連続でした。

いい練習にはなりましたが。

見えづらいのですが引き出し前板の部分のみ組接ぎをしてみました。

いろいろ試した結果、1~2ミリ幅のノミを自作する必要がありそうです。

今回は0.3ミリ幅のノミと紙やすりで仕上げました。及第点にはなったと思います。

引き出しには通常ファルカタなどを使いますが、今回も実際に引き出しなどに使用する材料で加工。しかし軟材のため細かい加工には適さないらしくシャープな線がでません。

最初は蟻組接ぎに挑みましたが諦めて単なる組接ぎに…。しかもそれすら合格点ギリギリといった感じでした。

(ちなみに、蟻組接ぎと組継ぎの違いを簡単に説明すると組み手の部分に傾斜がついているかどうかです。アンティーク家具の引き出しには蟻組接ぎが施された場合が多いです。)

あとは欅で前板を作って引き出しの手前に貼り付ければ完成です。

その後塗装に入って、出品は12月30日とかになってしまうのかなぁ。ネットで調べると年末年始は出品も落札も通常より少なめとか。

入札して下さる方がいらっしゃることを祈るばかりです。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です