2016年9月30日(金)


椅子の湾曲部分の続きから。

積層でだめなら部材を斜めに組めば、ということでカットを開始。

旋盤に装着したビットで切り込みを入れてみましたが、精度が悪くキレイに接続できません。

ピタッと組むためには仕上げに幅1ミリほどのノミがあれば良さそうです。

当然手元にはないので自作しました。

img_20160930_163753-min

精密ドライバーの先を研磨してノミへ改造。切れ味は悪くなく、それなりに完成しましたが

1ヶ所仕上げるのに時間がかかり過ぎです。

そこでミニテーブルソーに治具を装着させます。

定規の上に溝を掘り、

img_20160930_163714-min

この上で前後に移動する治具を作ります。これで傾斜した部材を楽に組める予定です。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です