2016年9月29日(木)


溝掘りは後回しにして、先に椅子とテーブルの部材を削り出します。

椅子の湾曲した部材を積層で作るには複数の方法がありますが、まずは積層で

挑戦。

0.3ミリの薄板を10枚重ねようとして試作しましたが…

img_20160929_114410-min

あと少しのところで折れてしまいました。

想像以上に樺は曲げづらいようです。

次は1枚の板に型を貼り付けて削り出そうかと思いましたが、これは木目が気になるので

最終手段にします。

次は部材を組み合せて削り出す方法。

img_20160929_142617-min

こんなふうに部材を組めば、理論的には湾曲した部材を強度を落とさずに製作できるはず。

しかし3ミリ厚の部材を精確に組むのは少し厄介でまだその途中です。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です