アンティーク椅子と円テーブル(1)


今回製作する椅子の見本は、以前もご紹介したように「Chats on Old Furniture: A Practical Guide for Collectors by Arthur Hayden」から抜粋したものです。

この本は著作権切れとなった書籍を検索・閲覧できるサイト「Project Gutenberg」で閲覧可能です。幅広い分野の書籍をカバーしているので、私はよくこのサイトを利用しています。日本で言えば「青空文庫」のような感じではないかと思います。

今回は椅子だけで十分苦戦しそうなので、丸テーブルのほうはほぼソファーセットで制作したものと同様のデザインです。↓

IMG_1615-min

このテーブルにアンティーク椅子を1脚、そしてティーセットを付属させる予定です。

椅子の基本的なサイズはこれまで同様のデザインを使用。

1

今見ると不要な書き込みもたくさんありますが、そのままにしておきます。

今回は脚を旋盤にかけること、そして細かい切り込みを入れることが最大の難関ではないかと思います。

果たして2本同じものを制作できるのかどうか・・・。あまり自信はありません。

まずは脚のデザインを作り直します。

2

これだけだと見本とだいぶ異なりますが、後は実際に削りながら調節しておくのでこれで大丈夫だと思います。

時間になってしまったので今日はこの辺まで。

背板と後ろ脚の接続がどうなっているかなど気になるところは多々ありますが、少しずつ進めて行きます。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です